16

13/16
2797人が本棚に入れています
本棚に追加
/186ページ
『手放したくは無かった。 でも、美咲が笑っていられるなら、それでいい。 きっと隼人の方が美咲にはいいんだろうと思った。 俺みたいに不純な動機で近付いた奴よりも。』 首を横に振る。 そんな事無いよ。 私には悠輔が必要なんだから。 そう伝わるように。 そんな私の手を引き、胸に納める。 『だから一番酷いやり方で美咲を遠ざけた。 適当な女に声を掛けて、家に連れ帰って、美咲の前で抱き締めた。 美咲が俺のことを気にしなくていいように。』 その人は私が帰った後に家から追い出したと言った。 私の為だったの? なのに、私は・・・。 目の前に封筒が差し出される。 これ。 『昨日、見つけた。』 悠輔の手の中にあるのは私が書いた手紙だった。
/186ページ

最初のコメントを投稿しよう!