リベンジ

6/7
5546人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
土曜日。朝。 朝といっても、 すでに11時を回っていて、 平日なら、私は学校に行っている時間。 ようやく起きたらしく、部屋から出てきた高杉をつかまえた。 「ね。話があるんだけど……」 部屋から、女が出てこないところを見ると、 昨日の夜は、女は連れ込まなかったみたいだ。 私がダイニングで、 ぶすっとしたまま座っているのを、面倒くさそうに見る。 「何?朝っぱらから、深刻そうな顔して」 言い方は軽いけど、 高杉も負けずに、ぶすっとした顔。 しぶしぶ…… といった感じで、 ダイニングテーブルに向かい合って座った。 普段なら絶対にしないけど、 淹れていたコーヒーを注ぎ、 高杉に差し出した。 「さんきゅ」 表情を緩めることなく、コーヒーを受け取った。 あーやっぱり、その態度、ムカツク……。 だけど、 今日は穏便に話し合うんだ。 一度、首をブルブル振ってから、 話し始めた。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!