水色銀杏~図書室の扉を開けたから

限度ないイジメを二人で乗り越えた、中学生の雅也と瞳の純愛小説。実話を忠実に小説化。日本教育現場の実態をストレートに表現。

夏野友央

2時間14分 (80,053文字)

0 0

あらすじ

 中学二年の夏休み明け、雅也はイジメを受けそうになったクラスメイトをかばったら、今度は雅也自身がイジメのターゲットになってしまった。雅也に対するイジメは限度なくエスカレートし、休み時間、教室にいられな

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品