縄跳びと罠

23/46
872人が本棚に入れています
本棚に追加
/739ページ
「あいつらを参考にしようと思ったのがそもそもの間違いだな」  マット運動というか前後運動のジェスチャーをするマルミラに、僕はお断りの一報を伝える。  ごめんよマルミラ、その優しさは優しいという仮面をつけたハードなんだ。  僕にはとても参考にできそうにない。  マルミラは「なんだよ、まだ朝起きてから二時間と経ってないぞ」といって、もっと喋る気満々だったようだが、今度こそは放送禁止になるワードが漏れ出てしまわないとも限らない。残念だけどそこまでだ。この話はチャンタクさんがいないところでまた後日。 「優しくする話だけどよ」    私のことは気にすんな。  ただ、とマルミラは言う。 「もうちっとイムの話をしっかり聞いて、イムのやろうとしてることをもうちっと肯定してやってくれな。昨日みたいなことでもない限り、あいつは我儘を言うタイプじゃねえからよ」 「だね」  一生懸命で、忍耐強い。いつも朗らかでいて何事にも熱心だ。だけど一歩身を引いていて、結婚したら夫の後ろからついてくる妻になりそうな。自己主張という意味ならきっと不得手な作業で、引っ込み思案というわけではないけれどでも、言いたいことには口を噤んでしまう。器用だから進んで不器用を選んでいる。あまり誉められた生き方じゃない。 「なんて、それこそ僕が言えた義理じゃねえか」  苦い笑顔。  今日は苦笑いの多い日だな。  そして、また僕は苦い顔で笑ってしまうのだった。 「もう一回くらいなら、好きにされてあげようかな」 「ああ、それがいいな」
/739ページ

最初のコメントを投稿しよう!