王道転校生

6/6
195人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
「なんだよお前ら!!いきなりコレとか失礼だぞ!!俺には真中愛って名前があるんだからな!!コレじゃない!名前は何ていうんだ?俺も教えたからお前らも教えないとダメだぞ!!」 ん?よく見ると俺のクラスの1匹狼と爽やか君がいるではないか!!あの毬藻といつ仲良くなったんだ? 1匹狼はめちゃくちゃ睨んでます!! 「ほぉ…まさか俺様に口答えするとはな…お前気に入った」 朔ちゃんが顔を近付けた。 「んっ!?」 はいっ!!キスしました。 もちろんディープです!! 「ぷはっ…な、何すんだよ!!」 ドカッ あ、毬藻が朔ちゃん蹴飛ばした。 「「「イヤーっ!!」」」 蹴飛ばされた朔ちゃんをみてチワワたちが悲鳴をあげる。 「愛!?大丈夫でしたか?」 紫乃ちゃんはあの毬藻の元へ行き、俺は… 「朔ちゃ~ん大丈夫~?」 朔ちゃんの元へ行った。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!