恋愛の達人

2/3
187人が本棚に入れています
本棚に追加
/50ページ
「大倉せんぱっ、」 俺は資料室に入って章ちゃんを抱きしめた 「章ちゃんごめんな…」 「え…、?」 「守ってやれんかった……」 「大倉先輩は来てくれたやないですかっ……」 章ちゃんはニコッと笑った 俺は胸が苦しくなる。痛くなるような感覚に捕われた 「章ちゃんは…こんな俺でも良い?」 「え…?」 俺は、章ちゃんが好きや 初めての気持ちに初めての感覚 章ちゃんを見ると胸が苦しくなって一緒にいたいと思う これは初恋 「女遊び激しいとか、女をものとして見てるとか、…そんな噂ばっかり流れとるし、実際本当の噂もあるけど…俺、章ちゃんが好きや。めっちゃ好きやねん…」
/50ページ

最初のコメントを投稿しよう!