第六章 主役は町へ赴き、カラスが祓われそうになる

1/48
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第六章 主役は町へ赴き、カラスが祓われそうになる

かん‐ちがい【勘違い】間違って思いこむこと。思いちがい。 Lineup -客室の主役 -本屋の青年 -街中の主役 -遣いの青年 -代表と主役 -台所の少年 αかん-ちがい【勘違い】間違ったことをそうだと思いこむこと。盲信による、一種の幻覚状態。小説や漫画、映画などでコミカルに描かれることが多いが、現実での日程や時間においてのそれは笑えない。マジで、笑えない。「ヒントじゃないぞー。-するなよー 」「先生、-です。そのヒント、テスト範囲外です」
/882

最初のコメントを投稿しよう!