第七章 主役は惑い、英雄は働く

1/24
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第七章 主役は惑い、英雄は働く

れい‐ぎ【礼儀】①社会生活の秩序を保つために人が守るべき行動様式。特に、敬意をあらわす作法。「―正しい」「―に反する行い」「―を尽くす」②謝礼。報酬。醒睡笑「―いかほど入り候はんや」 Lineup -凡庸の主役 -思索の青年 -図書室の主役 -バイトの英雄 αれい‐ぎ【礼儀】敬意や感謝をあえて態度に示すこと。過ぎても無礼。程々が良い。しかしそれが難しい。「-ありますよ、大安売りです」「あんたの-は無いに等しい」
/882

最初のコメントを投稿しよう!