第九章 英雄は懐古し、青年は夢を見る

1/34
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第九章 英雄は懐古し、青年は夢を見る

 き‐おく【記憶】①[南史[沈攸之伝]]物事を忘れずに覚えている、または覚えておくこと。また、その内容。ものおぼえ。「―に新しい」「―力」「あの事件のことはよく―している」 ②ア,生物体に過去の影響が残(長いため以下省略) Lineup -夢中の青年 -墓前の英雄 -不知の主役 -霧中の青年 αき‐おく【記憶】物事を忘れず、心にとどめておくこと。各個人の興味によって、記憶や記憶力に偏りがある。「先生! 自分が誰なのか-にありません!」「-喪失か大変だな、頑張れ」
/882

最初のコメントを投稿しよう!