第十章 主役は考え、少年は唸る

1/26
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第十章 主役は考え、少年は唸る

 き-せい【寄生】①生物が,栄養の大部分や暮らし場所を他の生物体(宿主)に一方的に依存して生活すること。②自分の力で生活できないで,他人にたよって生活すること。 Lineup ‐Blank out‐ ―起床の主役 ―少数派の青年 ―ベンチの主役 ―不振の少年 αき-せい【寄生】他にとりすがって生きてゆくこと。自然なことでもあり、一概に悪いとは言えない。「人って生まれた時点で-しているんだよね」「なら、息子にまで-しているお前は、俺ら-虫の鑑だな」
/882

最初のコメントを投稿しよう!