第十五章 主役は疑われ、一端を見る

1/35
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第十五章 主役は疑われ、一端を見る

 よ‐かん【予感】事をあらかじめ暗示的に感ずること。虫のしらせ。「―が当たる」「不吉な―」「春の―」 Lineup ―主役と土地神 ―長と少年 ―誤認の主役 ―一抹と少年 ―確認の青年 αよ‐かん【予感】先を感じとること。 そのときの環境や雰囲気、経験などのぼんやりとした裏付けがある場合によく使われる。勘ではない。「雨の―的中か……」「―してたなら傘持て。というか雨だって昨日いったよな?」
/882

最初のコメントを投稿しよう!