第二十章 夢を見た主役は、夢に気づく

1/47
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第二十章 夢を見た主役は、夢に気づく

 しん‐らい【信頼】信じてたよること。「同僚を―する」「―に応える」「全幅の―を置く」 Lineup ―動揺の主役 ―見送りの少年 ―会議と青年 ―帰路の少年 ―とある会議 DREDGE UP αしん‐らい【信頼】相手を疑わないうえで、その能力に任せること。相手の人格などから、「この人は味方になってくれる」と、前向きな期待を抱いている状態。「―は金で買えないが、信用は金で買える」「君は―を置ける人だけど、裏切ることだって……」「それ『―を置けない』ってことだよな?」
/882

最初のコメントを投稿しよう!