第二十五章 “その日”それぞれの約束は帰る(後半)

1/33
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第二十五章 “その日”それぞれの約束は帰る(後半)

 しん‐じつ【真実】(シンジチとも)①うそいつわりでない、本当のこと。まこと。今昔物語集[5]「若し―の言(こと)を致さば我が身本の如く平復すべし」。「―を語る」②(副詞的に)ほんとうに。まったく。「―驚いた」③[仏]仮(かり)でないこと。究極のもの。絶対の真理。真如。 Lineup ―狂騒の舞台裏 ―決意の主役 ―気取(けど)る英雄 ―(うつ)けの鉄槌 ―虚心の青年 αしん‐じつ【真実】英語ではthe truth。本小説の副題(a their truth)でもある。しかし、物語を紡ぐ行為からは最も縁遠い場所に在るもの。某体が子供で頭脳は大人な名探偵の締めの言葉でお馴染み。しかし、時に(特に感情が伴う場合)複数存在するものでもある。突き詰めると、どこにもない。「なにが―?」「どれも―だし、どれも―じゃないよ」image=507896367.jpg
/882

最初のコメントを投稿しよう!