第二十六章 主役は逃走し、彼らの知る真実は歩く

1/25
763人が本棚に入れています
本棚に追加
/882

第二十六章 主役は逃走し、彼らの知る真実は歩く

 きょ‐ぎ【虚偽】①真実でないこと。また、真実のように見せかけること。うそ。いつわり。そらごと。古事記[上] 「既に正実に違ひ、多く―を加ふ」。「―の申告」②[論] 思考の誤り。3 種類(前提・方法・手段) あって、論理学では推理という手続き上の誤りを指す。→詭弁。 Lineup ―野原の青年 ―逃走の主役Ⅴ ―英雄の2人 ―語る喫茶店 ―逃走の主役Ⅵ ―流離(さすら)いの門出 α きょ‐ぎ【虚偽】物語を紡ぐ人間が必ず描くもの。また、演出するもの。「それが―か否か。だれが嘘ついてるかは、結局だれもわからない」「騒ぐから膨れ上がるんだ。たとえ―でも、だれの手にも負えないほどにね」
/882

最初のコメントを投稿しよう!