第一幕 ニュースのいじめ

28/52
254人が本棚に入れています
本棚に追加
/330ページ
   そして、たった二十七年前という印象。  検索結果によると大々的にとあるから、いじめ報道自体はそれ以前にもあったかもしれない。それ以前のいじめと、報道の因果関係については分からなかった。  ただ、それ以前には大々的に報じられていないのだ。  その、中野のいじめ自殺事件。  始まりは、いじめグループによる被害者生徒への使いパシリだった。生徒がそれを拒絶した事により、いじめへと発展してしまい暴行などにつながっていく。  中でも酷いのは、「葬式ごっこ」と呼ばれた行為である。  その呼び名の通り、被害者生徒の葬式の真似事をしたのだろう、 だが、それに参加した人間による寄せ書きには、教師の名前が四名分も連なっていたという。  つまり、教師もいじめに加担したのだ。 「バイトが言ってたのと同じだな……」  この事実に対し、四名の教師はいじめの認識は無く、「どっきりだから」と説明を受けて、寄せ書きをしたと説明したようだ。  どっきりならいいのか。  俺は、そんな印象を受けた。  被害者生徒は、それをきっかけに学校を休みがちになり、最終的に尊い命を自ら終わらせてしまう事になる。
/330ページ

最初のコメントを投稿しよう!