実験3・確率による絶対勝利

3/8
3516人が本棚に入れています
本棚に追加
/211ページ
「いや、俺がやる。 お前らは避難しとけ」 「はーい」 「畏まりました」 「りょ」 3人はそう言って俺の視界から消えた。 「あれェ?君だけで大丈夫なのォ?」 「ああ、問題ない」 「ならァ、手加減しないよォ。 リードウルフゥ」 アニスはそう言いながら20体程、鉛の狼を作り俺に差し向けた。 「ふむ。 今回は”数”で行くか。 実験開始だ」 俺は目に数の魔力を流して属性強化する。 すると、俺の眼に3つの円が表れた。 1つ1つに93%、54%、29%と書かれたいる。 俺は93%と書かれている所に飛び込んだ。 他の所を見ると鉛の狼が飛びついていた。 ふむ、この円に書かれている数字は回避成功確率か。 数字の意味を理解した俺は同じ要領で狼共を回避していった。 「なんでェ?当たらないのォ?」 「トロイからじゃないか?」 「怒ったよォ。リードウォールゥ」 アニスは言葉通り、鉛を集めて壁を作り出した。 最初に囲まれたヤツはこれか。 「だが、金属は火に弱い。 発火確率を表示」 俺の前に1/2788459362という式が表示された。 これがここで自然発火する確率か。 俺は分母の部分に介入して数字を下げまくる。 数秒後、確率は1/1をなり、 鉛に小さな火が付いた。 「火属性だったんですかァ。でもォ、そんなんじゃァ、私のォ鉛は溶けませんよォ?」 そんなことはわかっている。あと、火属性は持っていない。 小さな火では火力が足りないので俺は火を付けた後、酸素濃度を表示する。 23%と出た。 これを80%まで引き上げる。 すると、火は炎となり、炎はより火力の強い蒼炎となって鉛を一気に溶かした。 「強いですねェ? ですがァ、コレはどうですかァ? リードハンマーァ」 アニスは鉛を集めてハンマーを作り出した。 今度は体の強化だ。 「身体能力を代入方式で表示」 すると発火確率と同じように式が表れた。 しかし、今度の式は分数ではなくαxという文字式だ。
/211ページ

最初のコメントを投稿しよう!