-胸懐-

18/21
2174人が本棚に入れています
本棚に追加
/530ページ
「とても大きなものを預かってしまった。シスターから」  施設を出て日長駅に向けた足並み。  その道中も、離れる時間を惜しむように手を繋いで歩いていく。 「なにか貰ったの」  先ほどのわたしの言葉の回答を、隣から彼が問う。 「きみの未来」  その答えに、彼はきょとんとした顔を向ける。  30代のちょうど真ん中。  この歳で見つめ直したり、新たなことに挑戦したりなど、数年前のわたしは思いもしなかったことだ。  そして、誰かに向ける情熱が、自分の中にあったことなども。
/530ページ

最初のコメントを投稿しよう!