12-自分の気持ちに正直に

28/29
1992人が本棚に入れています
本棚に追加
/365ページ
…え、えぇと。   態度で示せって、どういうことかな…?   怜一郎さんの気持ちがわからず首を傾げると、彼は溜息をついて顔を寄せてきた。 そのまま唇が触れあう。 はじめは触れるだけのくちづけだったはずだが、だんだんとあまく、深いものへと変わっていく――   …態度で示せって、こういうこと!?   彼はキス以上のことをしてはこなかった。 それなのに、あたしはそんなただのキスに溺れていった。   何度も角度を変えて、彼はくちづけてくる。 あたしはそれに応えるのに必死で、いつの間にか息をするのでさえ苦しくなっていた。   もう駄目だと思った時、唐突に唇は離れていった。 「…かわいい」   怜一郎さんは体を起こして、ぼぅっとするあたしの頭を撫でる。 「今日はこれでやめてやるよ。 なんか、あんには無理そうだし」   そう言って、慈しむように彼はあたしの髪を撫で続けた。
/365ページ

最初のコメントを投稿しよう!