罪祓ウ光ノ贖罪者 ~巻ノ壱~

罪悪感から生まれる化物…”ギルティア”。それを討ち払う者たちを”贖罪者”と呼ぶ。

右川天斗

1時間11分 (42,419文字)

441 126

あらすじ

 罪は消えないのか? そんな事はない。  胸に抱き苦しむ程、罪は重さを軽くしていく。 やがて償い終えたとき赦されるだろう。  しかし、忘れてしまえばどうなるか?  罪はいずれアナタを殺す。 化物

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る