-3-

16/24
21041人が本棚に入れています
本棚に追加
/51ページ
 ─まったく、ほんと、バカなんだから……。  懐かしさに緩ませた頬は、やがて思考が現実に引き戻された途端、力を失った。  今、もし俊輔が一緒にいたら……。  たぶん、また怒られてたかな。  だから名前書けって言っただろ、とかなんとか……。  俯いていた顔を上げると、教室まであと数メートルほどのところまで近づいていた。  ここまで来たものの、置き傘を準備してある自信はほぼゼロに近い。  とりあえず確認して、無ければ濡れて帰るしかない、と覚悟を決めたその時、  ─とくん。  わたしは唐突に立ち止まった。
/51ページ

最初のコメントを投稿しよう!