因縁

7/14
1876人が本棚に入れています
本棚に追加
/312ページ
「あ。ごめん」 「・・・・いや」 はーびっくりした。と言いながら、晃二が体勢を立て直す。 「まあ・・・大体、何があったのか察しはついたけど」 苦笑して、なにやら晃二が一人で納得している。 何を察したのか、できれば理解したくない。 付き合い始めても、零と鈴の関係が大きく変わることはなかった。 手を繋いで歩くこともないし、唇へのキスも、一度もない。 およそ付き合っている男女がするようなことは何一つ、二人の間に起こらなかった。 ただ時々。 本当に時々、零は鈴を強く抱きしめて、噛みつくようなキスを体に落とした。 縋るような、追い立てられるような時もあったし、からかうような余裕のある時もあったが、いずれにしても、そうすることで零が何か、気持ちの安定を取り戻しているのだと言うことは、何となく分かった。 でもそれだけだ。 他には何も無い。
/312ページ

最初のコメントを投稿しよう!