1話

8/10
92人が本棚に入れています
本棚に追加
/220ページ
バ「でもまぁ、ある意味俺達も早めに登録できてラッキー?」 ユ「確かに?」 ア「でも、どのみちギルドには行くんだから変わらないんじゃないかな?」 バ・ユ「…。」 私は2人とそんな会話をしながら配られた書類を見てみました。 書類には以下のような記入欄がありました。 ・氏名 ・年齢 ・職業 ・得意属性 ・特徴属性 ・魔力量 そして一番下に、自分のランクに合わない依頼を受けても命の保証等はないこと、突発的な事態以外での怪我やその他の保証はギルドは行わないことが書かれており、それに同意するもののみ署名しギルドに登録するようにと書いてありました。 バ「なぁ、特徴属性ってさ、得意属性と何が違うんだ?」 ア「授業でやったよね?」 ユ「相変わらず頭悪いわねぇ…」 私とユインはバンの呆れた言葉にため息をつくしかありませんでした。
/220ページ

最初のコメントを投稿しよう!