9、再び転入生?

37/41
1617人が本棚に入れています
本棚に追加
/252ページ
「あ、オマエたちはなんていうんだ!?」 すると、今度は王道くんはその後ろにいたみーちゃんとヒロに視線を移した。 「あ?俺は生徒会会長の桝田 禊だ」 「会長!?オマエ生徒会長なのか!?すごいな!!」 みーちゃんがそう言うと、王道くんは目をキラキラさせてみーちゃんを見ていた。 「あ、オマエは!?」 王道くんはすぐにみーちゃんの隣にいたヒロに視線を変えた。 ヒロは王道くんの大きな声にビクッと肩を震わせてから、ゆっくり名前を告げた。 「・・・みな、み・・・ひろき、」 「裕樹だな!!俺は大橋 蓮だ!よろしくな!!」 ヒロは自分の言葉が王道くんに理解してもらえたのが嬉しかったらしく、驚いた顔をしていたがすぐにニコニコしていた。  
/252ページ

最初のコメントを投稿しよう!