真夏の台風

5/19
365人が本棚に入れています
本棚に追加
/806ページ
「俺も千秋も、お前を縛った覚えはないぞ。 それに、俺達は、いつだって、お前の意思を尊重してるつもりなんだがな…。 強要したり、押し付けたりは、してないはずだ。 もし、してるっていうなら、お前が、そう感じるなら、言ってくれ。」 「…そんなことは、思ったことないけど…。」 「なら、ごちゃごちゃ言うな。男だろ。 陽菜が、高いところ入れられなくて、困ってるぞ。」 「あっ!ごめん、陽菜!…かして、入れてあげるよ。」 やれやれって顔で、私を、見るから、私も、肩をすくめて、仕方ないわよって顔をした。 そのあとは、光輝も、ちゃんと、手伝ってくれて、割りと早く、準備ができた。 夕方、最初に来たのは、海斗だった。 それを皮切りに、有希と夏樹、絢音と琴音の姉妹、昌浩が来て、最後は、梢だった。 「…千秋叔母さん、これ、ママから、預かってきたの。 いつもの珈琲豆と、ローズオイルとエッセンス。 後、みんなで、食べるようにって、輸入物のお菓子だって。」 「ありがとう。いつも、早苗ちゃんの選ぶ品は、良いのよね。助かるし、勉強になるわ。」 「あれ?…彩ちゃんは?」 「ええっとね…、彩華は、部活なんだけど…。 それがね、帰りに、ひとり連れてくるのよ…。」 「千秋叔母さん、歯切れ悪いなぁ…わかった!彩ちゃん、男の子、連れてくるんでしょ。」 「…そうなのよ。…やっぱり、バレちゃう?恋する乙女には。」 「あれ?…千秋叔母さんには話してませんよね?」 「うん、なんにも聞いてないわよ…でも、わかるのよ。 恋してる乙女のことはね、なんでもわかるの。 なんてったって、私は、恋愛小説家なのよ♪」
/806ページ

最初のコメントを投稿しよう!