鳥籠の神殿

不思議な声に導かれる様にして辿り着いた先には…

美月空

1時間15分 (44,418文字)

10 11

あらすじ

声が…声が聞こえた気がしたんだ。 俺を呼ぶ声が… 『たすけて』 って声が。 不思議な声に導かれる様にして辿り着いた先に待っていたのは、巨大な鳥籠に閉じ込められた少女だった。 『その娘を置

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る