一両目 出会い

21/23
723人が本棚に入れています
本棚に追加
/110ページ
家に着いた。 「おかあさんはいるのかな」 「いえ。仕事に行っています」 今日は心配をかけないように仕事で遅くなると連絡してある。 母は時給がよい深夜に弁当工場で働いている。 朝帰ってきて仮眠をとると、近所のそば屋へ働きに行く。 今はいないはずだ。 「でも部屋に明かりが点いているよ」 「あれは防犯で点けているんです」 私が降りると車はゆっくりと闇に消えていった。 運転する曳野の横顔が疲れていたことに気付いた。 私の独断行動によって却って迷惑を掛けてしまったと反省した。 家に入ると母が目の前にいたので驚いた。 「ワッ」 「お帰り。遅かったわね」 「遅くなるってメールしたでしょ。仕事は?」 「顔を見るまで心配で休んじゃったわ」 「やめてよ。これぐらいで仕事を休まれたら、こっちも仕事に専念できないじゃない」 親心など分からない私は母にきつく当たってしまった。
/110ページ

最初のコメントを投稿しよう!