ショッキングピンク

21/22
365人が本棚に入れています
本棚に追加
/102ページ
雲「お前らだりぃから黙れー」 今度は怠いから黙れねえ…流石、八雲先生。 八雲先生の一声で再び鎮まった。 弱冠棒読みだったような気がしたけど静かになったからいいとしよう。 雲「狭也、お前の席はあれな」 狭「おう!任せとけ!」 何を!? 八雲先生が示した席にショッピングが意気揚々と答え、自分の席へと向かって歩き出した。 意味が分からない答えだったけど、今に始まった事じゃない。
/102ページ

最初のコメントを投稿しよう!