学園にいつ行くの?…今でしょ

28/29
14733人が本棚に入れています
本棚に追加
/402ページ
ヒ「(ヒョウは大丈夫だよ!)」 ユ「そうか。それは良かった」 オ「シャドー兄! こっちにこい」 ヒョウと話しているとオリビア先生に呼ばれた ユ「なんですか?」 ヒョウを抱き抱えたまま向かう オ「勝者は敗者に命令できる。ルマが起きたから何が望みか言え」 見ると○フォイはもう立ち上がっていた …股を押さえているが ユ「ふっ哀れだな」 そんな○フォイを俺は嘲笑う ○「………」プルプル ○フォイは痛みで声が出ないようだ ユ「それじゃあ命令はルーとヒョウに土下座して謝りこれから俺達に近づかない事だ」 ○「この……僕…に……土下座しろ…と?」 ユ「当たり前だお前はルーとヒョウを馬鹿にしたんだからな」 ○「ふ…ざけ…るな! だれが…する…か」 オ「いいや、お前は決闘で負けたんだ、やらなければ犯罪になるぞ?」 ○「クソッ……わかっ…た」 オリビア先生に言われしぶしぶ納得したようだ その後○フォイを連れて戻り謝らせた後俺達は教室に戻った シ「ユーすまなかった」 ル「お兄ちゃんごめんなさい」 教室につき席に座るとシェリアとルーが謝ってきた ユ「どうした突然?」 シ「私達はユーの使い魔を弱いと決めつけていた。無意識にアクア達と同じことをしていたんだ。だから謝りにきた」 ユ「そうゆうことならヒョウに言ってくれ」 俺は頭に乗っているヒョウを机に降ろし言った シ「ヒョウ、君をアクアファングと決めつけてしまってすまなかった」 ル「あんなに強いのに弱いって決めつけてごめんなさい」 シェリア達がヒョウに謝る ヒ「(ヒョウは気にしてないからいいよ~)」 ヒョウは軽い感じで2人を許した ユ「良かったな2人とも」 シ「? 何がよかったんだ?」 ユ「え? 今ヒョウが許してくれただろ?」 シ「今の鳴き声はそうゆう意味だったのか?」 ユ「…シェリアにはヒョウの言葉が分からないのか?」 シ「私にはただの鳴き声にしか聞こえないぞ」 ユ「ルーは?」 ル「私もただの鳴き声にしか聞こえないよ」 ヒョウの言葉は俺にしか聞こえないのか それじゃあ今まで俺は狐と1人会話する悲しい男子生徒だったのか? ユ「………」 シ「どうしたユー? いきなり沈んだ顔をして」 ユ「いや何でもない」 これからは少し気をつけよう 俺は机に丸くなっているヒョウを見ながら思った オ「お前等さっさと席に着け~」 オリビア先生が教室に入ってくる
/402ページ

最初のコメントを投稿しよう!