笑える笑えない始まり

1/42
50人が本棚に入れています
本棚に追加
/569ページ

笑える笑えない始まり

世界は、水面の波紋のように儚い。 世界は、水面の波紋のように脆い。 世界は、水面の波紋のように不謹慎。 世界は、水面の波紋のように不真面目。 世界は、水面の波紋のように理不尽。 世界は、水面に映る欺瞞の月のようだ。 世界には、欺瞞が満ちている。 だからこそ、嘘が本当になれば良いのに。 嘘だとしても、悪くはない。 嘘であっても、それが――の真実だ。 ――は悪くない? ――は悪い? ――が悪いなら、もう皆悪い。 だって、悪くない何て者はいないのだから。 生物である以上、世界にいる以上。どう足掻こうと。 この世界に、善はあっても、善人がいない。多分、悪人じゃないそれは、人間ではないだろう。 夢心地に悪夢心地。 なら、もう、嘘を吐こう。吐くと、変われる。 脆くない、強靭な嘘を吐こう。揺るがない嘘を吐こう。 誰かの為に嘘を吐こう。 ――の為に嘘を吐こう。 変化する為に嘘を吐こう。 きっと、これは悪い。でも悪くはない。 嘘を、吐こう。尽きる事の無いように嘘を。 そんな尽きない嘘を吐こう。 世界はやっぱり、欺瞞に満ちている。
/569ページ

最初のコメントを投稿しよう!