第1話 残酷な辞令

1/6
5222人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ

第1話 残酷な辞令

「どういうことですか?」  自分の口からこんなにも低い声が出るなんて知らなかった。  言いようのない屈辱に肩口がふるふると震えだす。  これは何かの間違いだって今すぐ否定してほしい。  目の前の男を睨み付けると、彼は肩を竦めて座っている机をこつこつと指で叩いた。 「どうもこうもない。降格ってこと」 「だから、どうして降格なんですか? わたし、何かミスしました?」  思わず声を荒げてしまう。  ここは第三会議室。一般会議室の中では一番広い。  まもなく終業時間になろうという頃、部長であるこの男、安藤紘矢(あんどう こうや)に呼び出された。  安藤は三十五歳。  アーモンド形の目と、くっきりとした輪郭を描く唇が印象的な、白肌の美麗な男。  身のこなしが上品だから一見優しそうだけれど、本当のところはずる賢くて抜け目がない。  散々遊びまくっていたくせに、いつの間にか専務の娘を手玉にとって、ステップアップしていった。  重役候補でいずれは社長との呼び声も高い、わたしの元指導員。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!