*1* 人生なんて……。

2/3
125人が本棚に入れています
本棚に追加
/230ページ
10代のころ、今が人生の中で一番輝いてる!って思ってた。 実際、彼氏が切れることもなく、 遊べる友達もたくさんいて 常に話題の中心に自分がいた。 最愛のパートナーを見つけて 18才で結婚、出産 同居も気にせずなんのその。 可愛がられて、調子に乗って 次の年には女の子を出産。 若いうちにと4人の子供の母親になった。 20代になり、ひたすら子育てに追われる日々。 友達が楽しく遊んでるのを横目で見ながら 家族のためにご飯、ご飯、ご飯。 掃除、洗濯、ご飯、ご飯、ご飯。 給食のオバチャンより作ってるぞ… 必要なものは、日焼け止めにハンドクリーム、麦わら帽子に草引き用のジャージ。 不必要になった化粧品、バック、パンプス、マニキュア……。 友達に全部もらって貰った。 そして30代。 子供以上に子供の性格を持つ旦那とついに離婚。 36才の時。 泣いて、泣かれて、泣かれて、泣かれて… 最後の最後まで、ほんと手が掛かる人だった。 そんなこんなで4人の子供を連れてお引っ越し。 実家でも良かったが、同県内なので とりあえずは旦那に見つからないために 少し離れた所まで行くことにした。 なんせ、元旦那様、ストーカーになりそうな程、 うちの行動が気になるらしい。 子供達の転校も少し気が引けたが 『お母さんについて行く』 と言ってくれたので、実家の両親に手伝ってもらって、駅から近くの便利な町へ引っ越すことができた。 人生なんて”なるようになる”ものだ。 さて、子供4人といえども、すでに全員うちよりも背が高く足もデカい。 荷物は少ないが、個室が欲しいため、家賃も少々高くつく。 でも尊重すべきは子供達。 防音室のあるマンションにした。 一番下の聖利菜(せりな)は高校一生。 トランペットに憧れて吹奏楽部に入った。 毎日プープー、プープー煩い。 1つ上、野球部のこうちゃんという彼氏ができたらしい。 夏の大会へ向けて、応援歌を練習中に仲良くなったらしい。 とにかく多忙な子で、会話は朝食の時だけ。 後はもっぱらメールで報告している。
/230ページ

最初のコメントを投稿しよう!