ヒナとハル

2/25
1223人が本棚に入れています
本棚に追加
/450ページ
 優しい風が吹く2学期のある日。 「陽奈(はるな)、おはよー」  友達の上野咲希(うえの さき)が、小さな歩幅で走ってくる。  その動きに合わせ、長くてさらさらの髪が揺れる。  咲希の髪は、本当にきれい。  それは咲希も認めていて、本人曰く、“自慢できるのは髪だけ”らしい。   「おはよう」 「数学の宿題、難しくなかった?」 「うん、すごい難しかった」     友達とする、いつもと変わらない会話。 「だよねー。しかも今日、抜き打ちテストがあるらしいよ」 「えっ、そうなの? でも、知ってる時点で、もう抜き打ちじゃなくなってるよね?」 「あはは、確かに。でもどこの範囲が出るかは分からないから。……あの問題だけは出ませんように」 「どの問題?」 「言ったら出てきそうだから言わない」  この日が忘れられない日になるなんて、登校したときには思ってもいなかった。  もっと天気が悪ければ、何か起こると思ったかもしれない。  ……ううん。どんな気候でも、絶対に分からなかった。  あんなことが起こるなんて、想像しようと思っても出来なかったから。
/450ページ

最初のコメントを投稿しよう!