偶然

51/65
3806人が本棚に入れています
本棚に追加
/1043ページ
「親とケンカしちゃって…」 そっか… お父さんと何かあったかな? 自分の子育てを思う。 胡都は…こんな風に家から飛び出してしまうような事は無かったな。 いつもアイツの方が大人で…大したケンカもしなかったもんな。 ぼんやりと自分の事を思い出しながら、 「相手に…甘えているからこそ ケンカは出来るんだよ…」 そう伝える。 美佳子とも…胡都とも…ケンカをしたが、 あんな風に甘えられる相手はもう出会う事が出来ない。 家族だからこそ…出来たことだと、 こうして年を重ねて痛切に思う。 きっとお父さんだって…と言う思いも込めて伝えると、 「早瀬先生の奥さまのお墓はこのお近くですか?」 話題を変えられて驚いた。 「…近いですけど…」 「行きたいんですけど連れてってくれますか?」 衣蕗ちゃんの申し出に 「この時間帯に?」 肝試しに怖気ついた物言いで返事をしてしまい 情けない次第。
/1043ページ

最初のコメントを投稿しよう!