その頃のルシア

4/5
2370人が本棚に入れています
本棚に追加
/249ページ
しばらくすると、教室内から聞こえていた騒がしい声が消えた ルシア「…大丈夫……大丈夫…」 扉の前で必死に心を落ち着ける でも、初めての学校なのだ。これが、落ち着いたなどいられない ずっと憧れていた場所に自分はいるのだ 大丈夫。私にはソラさんやみんながいる 「それでは、本日よりAクラスに編入することになったルシア・リバースさんです。入ってください」 きた! ドキンッと心臓が一瞬高鳴ったのを感じた ルシア「…よしっ」 私はパシッと顔を叩くと、教室の扉を開いた。 一斉に自分に向けられる視線を感じた。 一段高くなっている教壇に立ち、大きく深呼吸をする ルシア「本日より、このAクラスにへんしました、ルシア・リバースと言います。慣れないことも多いため、いろいろ教えてくれると嬉しいです」 よしっ!言えたっ! 「リバースさんは筆記、実技ともに優秀な成績を出した生徒です。皆さん、なにか質問があれば今のうちに」 隣で先生がそう言って、教室を見回すと、ハイッ!と紫色の髪をした女の子がてをあげた ミセル「私、ミセル・ガーナって言います!もしかしてだけど、リバースさんってお兄さんがいっぱいいますか?」 ルシア「?いっぱいはいませんけど……兄が一人いますよ?」 ミセル「……あれ?」 ポカンとした顔でミセルと名乗った女の子が動きを止めた ミノラ「名前はぁ~?」 ……なぜ、私のことではなくて、家族のことなのだろうか… そう思いつつも、ソラさんの名前を告げると、先程のミセルという女の子がやっぱり!!と嬉しそうにはしゃいでいた ……?あの人は、ソラさんをしっているのだろうか? 「時間がありません。これにて質問は終わりにします。リバースさん、あなたの席は窓際の奥なので、そこで授業を受けてください。教科書などは全て中に入ってますから」 そういって先生は教室を出ていく ……ソラさん、私、頑張ります…! そしてこの日、教室の男女さまざまなクラスメイトに質問ぜめにあい、私はさっきのミセル・ガーナ、ミノラ・マーケルナ、シルメ・ワーカスタという三人の友達ができたのだった
/249ページ

最初のコメントを投稿しよう!