俺とアイツ(後輩)と引きこもり

24/45
3028人が本棚に入れています
本棚に追加
/178ページ
「ふわぁぁ~……眠い」 「おはよう、長谷川。今日もマイペースだね」 うるさい、一言余計だろ。 机にうつ伏せになっていると、爽やかがタオルで汗を拭きながら話しかけてきた。 タオルにチラリと視線を移すと、爽やかは、ああ、と言って爽やかに笑う。 「俺、今さっき自主練で走ってきたんだ。いいトレーニングになったよ」 「あっそ………どうでもいいけど、お疲れさん?」 「ははっ、長谷川はほんと素直じゃないよな!」 ……ほんとなんでもいいけど、さっきからお前が汗拭いて笑う度に、後ろのオカマ共が反応してるぞ。 キャアキャアと女顔負けの黄色い声を出して喜んでいる。ー何が嬉しいのか本当に理解出来ない。 慣れないクラスにうんざりしていれば、廊下からドタドタとやかましい足音が聞こえる。 「皆、おはよう!!今日も元気にいこうぜっ!!!」 全ての事に全力投球の王道が、今日も元気に登校してくる。 いつもの事だ、問題ない。……こっちには慣れたって事か そんな王道の後ろを遅れながら、現れるのは赤髪不良。やっぱりこの二人、身長差すごいな。 その二人は、俺達を見つけると真っ直ぐこっちに進んでくる。 「蓮、晋也っ!!おはよう!!」 「おはよう証」 「……はよ。てか声、デカ過ぎ。少しは抑えろよ」 「よぉ………蓮」 「…………おぅ」 「もー!!二人とも、朝の挨拶はお・は・よ・うだろ!!?」 わざわざ区切らなくても分かってるっての。お前は声を抑える事を真剣に考えてくれ。 挨拶も一通りしたから、チャイムがなるまで仮眠をとろうとするが、それを許してくれない奴がここに居る。 「あ、そうだ蓮!!俺、考えたんだけど……今回の依頼、やっぱり三人でやろうぜ!?蓮ばっかり動かせるのは間違ってると思うんだ!!!」 っウッルさ!?耳元で叫ぶなよ、鼓膜破れたらどうしてくれるんだ。 「って依頼?……ああ、それなら昨日終わらせた」 「だろ!?やっぱり蓮なら分かってくれると………ってえ!?もう終わったのか!!?」 「うるさい!」 耳鳴りがする程叫ぶので、つい拳が出てしまう。ー拳骨というやつだ。 しかしこいつ石頭で、痛い思いをしたのは俺だった。 解せぬ。
/178ページ

最初のコメントを投稿しよう!