2章

19/25
187人が本棚に入れています
本棚に追加
/178ページ
「お?山本君もあの漫画を知っているのかい?」 「いや、知ってるけど今は「私はあのマンガで一番好きなキャラクターは球○川先輩なんだけど君はどう思う?」ほう、中々良い選択をするじゃないか。」 確かに球○川先輩はカッコいい。リスペクトしたい。男性部門だったらぶっちぎりの一位だろう。 ……だがしかしあのマンガに出てくるすべてのキャラクターなら俺はあえてこの人を押したいと思う! 「俺は「いや!ちょっと脱線し過ぎよ!話を戻して!」……確かに脱線し過ぎだな。」 危ない危ない。まさか俺がこんなに熱くなるとな……ここは少し冷静になって話を戻そう。 「それじゃ話を戻すが……副会長に反骨心のある良い人材が居ないって事だよな?」 「ああ、そうなんだ。探したんだけど意外と居ないんだよ……この学校の生徒は真面目過ぎるね。」 いや、そんなのが逆に居すぎたら困るだろう!どんだけリコールされたいんだよ!と言ってやりたいがここは少し我慢して次に話を進めよう。 「それじゃ次の話だが……何で俺を生徒会に誘った?俺は別にお前に反骨心がある訳じゃないぜ?」 むしろ俺は善意の塊だろう。十人中三人はそう言ってくれるはず……え?他の七人は何て言うのかって?そりゃあれだよ。気にするな。
/178ページ

最初のコメントを投稿しよう!