なにもしらない

ぼくが産まれた この場所は どこなのか ぼくは なにもしらない。

3 0

3分 (1,464文字)

あらすじ

なんとなく。 私がすんでいる 街の細い道で 子猫が 死んでいたのをみて 書こうと おもいました。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2007/7/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る