今時、体育館裏への呼び出しは……ねぇ?

29/29
1392人が本棚に入れています
本棚に追加
/238ページ
「はい? なんですか?」 うん。 言いたい事は分かっている。 十中八九、うるさいだ。 でも今僕は、絶賛悪役を演じているので、嫌味っぽく聞き返したのだ。 やば…。 将来、悪役の仕事が来たら普通より演技が出来る自信があるわ。 おっとっと。 今はそんな事を考えている場合ではなかったな。 ほら、立花 綺羅先輩の拳が、わなわなしている。 「うるさい……。うるさい……。うるさぁぁぁい!!」 とここで、立花先輩の線が切れた様で、一帯に響く様な声で叫んだ。 「アンタに何がわかるって言うのよ! アタシの気持ちも知らないでさ! それに、スズちゃんは凄いの! 偉いの! 賢いの! アタシなんかが喋りかけちゃいけないの! アタシみたいなのと一緒に居たら、スズちゃんの評判が下がっちゃうから。迷惑はかけたくないの!」 瞳に涙を浮かべて、肩を上下させ、言葉を吐いた立花先輩。 涙を見た時に、罪悪感に押しつぶされそうになっているあたり、やっぱり僕には悪役の才能は無いのだろう。 でも、まだ肝心な事を先輩の口から聞いていない。
/238ページ

最初のコメントを投稿しよう!