3つのif (無料)

52/52
1240人が本棚に入れています
本棚に追加
/52ページ
それにしても仕事の早い人だ。 今日中に終わる量ではなかったはずなのに。 「お疲れ。で、彼は何を?」 怪訝な顔で、ぶつぶつ呟きながら歩き回る木戸先生を見やる。 「さぁ、たぶん何かイメージが湧いてるんじゃないかと……」 「そうか、それならよかった」 ホッと安堵した表情が夕日に照らされてとても綺麗で。 「はい」 そう返事をしてまた海に視線を戻した。 まさか課長とまでこうして夕日を眺めるなんてこと、今まで想像したこともなかった。 こんなちょっとした何気ない出来事が、少しずつ私の日常を変えていく。 それは私にとって良い事なのかそうでないのか、今はまだわからないけど。 毎日仕事漬けだった生活が、少しずつ変わろうとしている気がした。 .
/52ページ

最初のコメントを投稿しよう!