零番隊隊長への復帰

9/21
33913人が本棚に入れています
本棚に追加
/863
腕を回す事になるから、咄嗟に動かせないんだろう。 「身体強化を習得したんだろう? 力が弱いと感じたら、腕に強化を施せばいい」 隊員の五人は、皆身体強化を習得した。 講師はジークを始め、隊長達や隊員達にお願いした。 俺も一緒に居る事があったが、俺自身の特訓もあるし、その間抜けている事も多かった。 「身体強化はできるようになったけど、まだすぐにできないんだよ」 「頻繁に使用し続けていたら、すぐに慣れる 自分に合った使い方も分かるようになる」 「そっか 頑張るよ」 剣を振るうヨルダから離れる。 持っていた双剣をボックスへ仕舞っていたら── 「ルアン、私も」 声をかけられて振り向くと、ルウがいた。 「何か問題があるのか?」 「攻撃数、少ない」 ルウの魔武器は弓。 矢を魔力で作るのだから、素早い攻撃は難しいだろう。 遠距離攻撃を得意とし、攻撃数は苦手とする武器。 俺は弓をあまり使った事がないし、ボックスの中に入っている弓は業物しかない。 魔力を込めた矢を放てる為、数度使った。 だけど魔法の方が早いから、あまり手にする事がない。
/863

最初のコメントを投稿しよう!