36/40
310人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「俺は絶対にミュウから離れないから」 ふんわりと微笑んだミケは、男の子にしておくのが勿体無いくらいに綺麗だった。 「うん…覚悟しておく」 思わずそう呟くとミケは満足そうに頷いた。 「それにしても全然気付かなかった?」 「え?何に?」 「俺の気持ち」 「ミケの気持ち?」 「そう、自分でいうのもあれだけど結構過剰だったと思うよ」 …改めて、そう言われてみれば、そうかもしれないけど…
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!