39/40
379人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「…」 「好きも嫌いも同じ線上にあるんだし」 「…」 「それを踏まえた上で考えれば、先のこともなんとなく予想がつく」 ミケは意味不明な言葉を呟き、苦笑した。 ミケの言葉の意味が全く理解できない私は、ひたすら首を傾げる事しか出来なくて…。 「…」 「だから大丈夫」 またミケはその言葉を口にする。 私に言い聞かせるように…。 「何も気にする必要はないから、ミュウはミュウのままでいて」 ミケが私にそれ以上のヒントや答えを教えてくれることはなかった。 だから私には話の流れ上それがタロウの事じゃないかってことぐらいしか分からなかった。 そのタロウに変化が現れたのは、ミケとそんな話をした翌日の事だった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!