風鈴

1/2
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/9

風鈴

 母親の様に暖かく僕を包み  父親の様に厳しく僕を叱り  兄弟の様に愉快に遊ぶ  時には  恋人の様に僕と踊ってくれる貴女は、僕の欲しかった物の全てです  激しく  時に緩やかに  貴女は野花の香水の香を纏わせながら  僕に躯を預けたと思ったら離れ、そして亦接近し、  パッと躯を跳ね上げる  気が付けば貴女は他の男の手を取って居た  そんな貴女の踊りは  まるで貴女自身の人生の様  自由で、奔放で  何より気紛れ  社交ダンスからフォークダンスだ  けれど逆に忙しい人生  だからこそ共に休んで話がしたい  貴女が見て来た世の中はどうで  見て来た人間達がどうで在ったか  積もる話も在るだろう  だから僕は亦、貴女に来て欲しくて  振り向いて欲しくて  服装を変えたり   声を出したり  戻って来てと呼び掛ける  何故なら僕の命は  夏の間だけだから
/9

最初のコメントを投稿しよう!