進展します?

3/45
886人が本棚に入れています
本棚に追加
/418ページ
「は、大翔が......」 『??』 「大翔がなんだよ」 そこへ。 「葉月ー? なーんの話してんのかな?」 大翔くんがやって来た。 葉月ちゃんはビクッとして、体を強張らせる。 けど、なんか違和感。 なんか......... すぐ隣の、琥珀の服をぎゅうっと握る。 「どうした?」 琥珀の顔を見上げて、伝える。 『なんか、大翔くんが怖い』 いつもみたく笑ってるのに。 なんか、怖い。 琥珀はフッと小さく笑って。 頭を撫でてくる。 「ミィ」 『なに?』 「これが大翔だ。」 「??...ど...いう......?」
/418ページ

最初のコメントを投稿しよう!