これが我が一族の能力【鎌倉時代編】

特殊能力の持ち主の主人公が過去に行ってしまう話。

34 20

1時間13分 (43,340文字)

あらすじ

主人公の水城明里(ミズキアカリ)は、特殊能力を持つ一族の1人だった。 そのせいか、昔から彼女は剣道、合気道、空手などを教え込まれていた。 高校生になり水城家当主の御披露目の日、明里は白い光に包まれて

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2013/9/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る