第二章 魔法が使えない

1/16
106人が本棚に入れています
本棚に追加
/65ページ

第二章 魔法が使えない

俺「やぁ!」 修練場に気合いの入った声が木霊する。 パンパンっ!  そこに手を二回叩く音が聞こえて 俺は構えを解いた。 ???「はいはい、そこまで!」 尖った耳に綺麗な銀色の髪、そして美少女顔で、胸は……。 まあ触れないでいよう。 ???「……失礼なこと考えなかった?」 ニコニコ笑いながら手をポキポキ鳴らし始める。 俺「い、いえ! 師匠、何も考えておりません!」 そうこれは俺の師匠だ。 ミア-バレンタイン エルフで俺の恩師でもある。
/65ページ

最初のコメントを投稿しよう!