素直になれない

11/16
173人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
   全力で走ったつもりだったけど、夏のサンダルが恨めしい。  お店を出たところで、あたしは大輔の手に腕を掴まれていた。  呼吸ひとつ乱さず、大輔はあたしの背後で溜め息をつく。 「何で逃げんの?」 「……だ、大輔こそ、なんで追いかけて来るの……」 「オレは、その……お前が、逃げるから」 「あたしも。大輔が怒って追いかけて来るから」 「……オレ、何もしてないし」  一気にお店の出口の階段をサンダルで駆け上がって来たせいで、膝が笑ってた。 「なぁ、何でこんなとこ来てんの? そーゆータイプだっけ?」 「……愛美が誘ってくれて、それで……」 「誘われたらどこにでもノコノコ行くのかよ」  何だかトゲのある言い方に、思わずカチンと来る。 「彼氏欲しいから、来たの! 何か文句あるの?」 .
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!