恋するキモチ 中編

33/34
2525人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ
そんな清水を見ながら、先輩こそ変わってない、と思わず笑っていると、 すると他の先輩達が、 「変わったといえば、桜木ちゃん。すっごくかわいくなってて驚いたわ」 と、こちらを見た。 「えっ、私ですか?」 その声に引き摺られるように、皆が、 「そうそう、なんだか別人みたい」 「女子大生になると、こんなに変わるんだな」 と声を上げた。 「桜木は男が出来て変わったんだろ。イイ声の男」 と清水先輩が明るく声を上げた。
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!