行くわよ!

13/26
3210人が本棚に入れています
本棚に追加
/140ページ
「シ、シルバさぁん?」 「…説得力ねぇな。 苦しそうな顔しやがって… 俺だって面倒くさい事はゴメンだよ。 だけど、命(貞操)の恩人を放置はねぇよ」 少し力が緩み、ゆっくりと離れて顔を覗き込まれた。 ぐちゃぐちゃの銀髪に色っぽいタレ目の優しいグリーンの瞳。 ダルそうに、でも優しく笑って… 「だから…今は頼ってくれ」 ドキッ さ、最悪だわ… トキメキなんて… こんなダルデレに… 顔が暑い。 目を合わせてられなくて、下を見て顔を隠す。 「…途中放置無しよ?」 「当然」 「因みに、アタシ、18だから」 「…大人っぽいのな」 「さらに言えば、恋愛対象男だからね」 「…そ、そうか」 「好みは歳上、ガテン系優しい人だから」 「…へぇ」 べらべら下らない事を言って、顔の赤みが引いた頃にやっと顔を上げた…が、シルバが微笑ましげに笑っていた。 もうやだ! だからイケメンは嫌なのよッ!!
/140ページ

最初のコメントを投稿しよう!