重ねる罪

21/23
134人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
「駅まで送るよ志穂さん。な?サラ」 「え、あ、うん」 志穂さんの使う電車と私たちの使う電車は線が違う。 蒼人と私は志穂さんの使う駅まで同行し、彼女を見送った。 電車が発車し、手を振る志穂さんが遠くなる。 「・・・蒼人?」 「なんだよ」 「なんで?」 嘘ついたの?正直助かったけど、蒼人は私が辛かったのに気づいていたの? 笑顔で手を振りながら、私は蒼人に疑問を投げかけた。 「嘘ついた理由?オレの用事も嘘だから。サラにも用事が必要だったんだ」 「は?」 意味が分からないよ・・・ 電車が見えなくなると、蒼人はしっかりと私の手を握った。そして、キョトンとした私をグイグイと引っ張って駅を後にした。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!